JUGEMテーマ:天然温泉

 

暦の上では冬に入り、湯畑の湯けむりと

初冬の空気のコントラストに

温泉風情が一段と増している草津です。

 

 

今回は当館【白旗源泉】の泉質と適応症(効能)

についてご紹介したいと思います。

 

〜以下『白旗の湯』温泉分析表より抜粋〜

【源泉名】…草津温泉 白旗の湯 

【泉 質】…酸性・含硫黄−アルミニウム−硫酸塩・塩化物温泉
[硫化水素型](低張性 酸性 高温泉)
【泉 温】…53.6度

【pH値】…2.0

【湧出量】…毎分1,508リットル
【成分総計】…1619.08mg/kg


【泉 質】をみると

酸性・含硫黄−アルミニウム−硫酸塩・塩化物温泉
[硫化水素型](低張性 酸性 高温泉)とありますが

この泉質を簡単に言うと

 

殺菌効果の高い、生活習慣病に対応した
美白美肌の湯

 

となります。

 

草津の湯は強酸性のため、温泉施設で問題になる

レジオネラ、大腸菌などの心配はいっさいありません!

 

人為的にレジオネラ菌を浴槽水に入れ、1時間後に約1万分の1に

6時間後にはほとんどゼロという実験結果が出ているほど。

 

殺菌効果が高いため、ちょっとした傷は温泉に浸すと治癒が早いです。

ただし、部位や傷の程度によってはかなり沁みるので覚悟が必要ですが、笑

 

 

温泉と言っても中には泉質名の付かないものもあるんだとか。

 

因みに泉質は大きく分けて『9種類に分類』
(厳密には11種類)されています。

 

当館はその9種の泉質の中の4種に該当する温泉です。

 

泉質の適応(効能)を簡単に説明すると…

*酸性…殺菌効果の高い皮膚病に適応(効能)

*含硫黄…高血糖、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病に適応(効能)

*硫酸塩…傷、火傷の治癒力効果の高い肌の蘇生に適応(効能)

*塩化物…保温効果が高く神経痛、冷え性に適応(効能)

*(硫化水素型)…当館の温泉が白濁するのはこの関係です。

 

そして!

 

硫化水素型の硫黄泉は肌に浸透しやすく

(硫化塩泉の100倍とも言われています。)


シミ予防、メラニンの分解の効能があり
『美肌・美白の湯』

 

なのです。

 

たった一日でパイプにたくさんの白い湯花が付着します。

 

 

泉質によって温泉も様々で好みはあると思いますが

温泉の湯触りや、入浴後のお肌のコンディションには

多くのお客様からお褒めの言葉を頂いております。

 

草津最古の、健康と美容に打って付けの【白旗源泉】

草津のきき湯巡りには must 源泉 ! です。

 

 

次回は当館の〈湯守〉についてご紹介いたします。

お付き合いいただけたら幸いです。


 

当館おすすめのプランはこちら

    ↓↓↓

 

やじるしやじるし

 

草津温泉ポータルサイト

    ↓↓↓

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL