JUGEMテーマ:天然温泉

 

暖冬だった2月も今日で終わりですね。

随分と長い間ご無沙汰してしまいました、汗

 

連日の新型コロナウィルス報道で今後の感染拡大

生活や仕事への影響でナーバスになりがちなこの頃です。

 

感染された方やお亡くなりになられた方には

心よりお見舞いと、ご冥福をお祈り申し上げます。

そして一刻も早く収束することを祈るばかりです。

 

 

今日は当館にとって、スペシャルな1日でした。

 

 

 

当館のパイプは自然流下の単独パイプのため

硫黄がパイプに付着して詰まらないよう

長〜いロープの先に、ゴルフボールほどの球を巻き付け

自身で定期的に「玉流し」という作業を行うのですが

(一般的な草津の温泉は町で管理しており

このような作業は一括して町が行っています。)

どうしても素人では届かない場所があり

今回プロの手をお借りして高圧洗浄を行いました!

 

 

パイプ高圧洗浄

 

 

吹き出し部分をフォーカスして見ると

濃厚なカスタードクリーム?湯葉?

 

 

パイプ高圧洗浄.2

 

 

いいえ、硫黄豊富な温泉です。

 

 

この硫黄たっぷりの濃ゆ〜い湯が

ドボドボ湯船に流し込まれていきます。

 

 

 

 

もう、白濁を通り越して、黄緑色なのか

黄土色なのか。

 

 

 

 

バス〇リンじゃないですよ〜、笑

 

 

 

 

今日はかなり濃硫黄の特別な湯になりました♨

 

パイプに付着した硫黄が流れたためか、普段より湯量も勢い良く

バルブを少々閉めないと、樋から温泉が溢れ出てしまうほどです。

 

温泉好きにピッタリの、新プラン

『湯巡り利き湯プラン』が出来ましたので

当館の白旗源泉と共に草津の主源泉の利き湯

いかがでしょうか。

 

*オフィシャルはお電話にて承っております。

 9:00〜21:00

0279-88-1126

 

じゃらんでのご予約はこちら

    ↓↓↓

 

楽天トラベルでのご予約はこちら

   ↓↓↓

 

 

 

 

JUGEMテーマ:天然温泉

 

暦の上では冬に入り、湯畑の湯けむりと

初冬の空気のコントラストに

温泉風情が一段と増している草津です。

 

 

今回は当館【白旗源泉】の泉質と適応症(効能)

についてご紹介したいと思います。

 

〜以下『白旗の湯』温泉分析表より抜粋〜

【源泉名】…草津温泉 白旗の湯 

【泉 質】…酸性・含硫黄−アルミニウム−硫酸塩・塩化物温泉
[硫化水素型](低張性 酸性 高温泉)
【泉 温】…53.6度

【pH値】…2.0

【湧出量】…毎分1,508リットル
【成分総計】…1619.08mg/kg


【泉 質】をみると

酸性・含硫黄−アルミニウム−硫酸塩・塩化物温泉
[硫化水素型](低張性 酸性 高温泉)とありますが

この泉質を簡単に言うと

 

殺菌効果の高い、生活習慣病に対応した
美白美肌の湯

 

となります。

 

草津の湯は強酸性のため、温泉施設で問題になる

レジオネラ、大腸菌などの心配はいっさいありません!

 

人為的にレジオネラ菌を浴槽水に入れ、1時間後に約1万分の1に

6時間後にはほとんどゼロという実験結果が出ているほど。

 

殺菌効果が高いため、ちょっとした傷は温泉に浸すと治癒が早いです。

ただし、部位や傷の程度によってはかなり沁みるので覚悟が必要ですが、笑

 

 

温泉と言っても中には泉質名の付かないものもあるんだとか。

 

因みに泉質は大きく分けて『9種類に分類』
(厳密には11種類)されています。

 

当館はその9種の泉質の中の4種に該当する温泉です。

 

泉質の適応(効能)を簡単に説明すると…

*酸性…殺菌効果の高い皮膚病に適応(効能)

*含硫黄…高血糖、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病に適応(効能)

*硫酸塩…傷、火傷の治癒力効果の高い肌の蘇生に適応(効能)

*塩化物…保温効果が高く神経痛、冷え性に適応(効能)

*(硫化水素型)…当館の温泉が白濁するのはこの関係です。

 

そして!

 

硫化水素型の硫黄泉は肌に浸透しやすく

(硫化塩泉の100倍とも言われています。)


シミ予防、メラニンの分解の効能があり
『美肌・美白の湯』

 

なのです。

 

たった一日でパイプにたくさんの白い湯花が付着します。

 

 

泉質によって温泉も様々で好みはあると思いますが

温泉の湯触りや、入浴後のお肌のコンディションには

多くのお客様からお褒めの言葉を頂いております。

 

草津最古の、健康と美容に打って付けの【白旗源泉】

草津のきき湯巡りには must 源泉 ! です。

 

 

次回は当館の〈湯守〉についてご紹介いたします。

お付き合いいただけたら幸いです。


 

当館おすすめのプランはこちら

    ↓↓↓

 

やじるしやじるし

 

草津温泉ポータルサイト

    ↓↓↓

JUGEMテーマ:天然温泉

 

あっという間に明日から11月ですね。

 

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが

色彩は暖色系に色付き紅葉シーズン真っ盛りの草津です。

 

 

これから数回にわたり、当館の白旗源泉について

お伝えしていきたいと思います。

 

日本三名泉の一つである草津温泉。

自然湧出量は日本一で毎分32,300リットル以上。

一日にドラム缶約23万本以上の温泉が湧き出ている・・・

 

う〜ん、この湯量、多いことは分かってもピンと来ないですよね、笑

 

豊富な湯量のため、草津では温泉を引湯している宿ほぼ100%が

源泉かけ流し。

湯船に入れる量よりも、捨てる方が多いほど恵まれた温泉環境です。

 

 

一口に草津温泉と言いましても源泉は大小合わせると

100種類以上あり、お隣の宿と源泉が違うこともしばしば。

 

主源泉は約6種類

・湯畑源泉
・白旗源泉
・煮川源泉
・地蔵源泉
・西ノ河原源泉
・万代源泉

 

万代源泉以外はすべて江戸時代からずっと自然湧出を続けている源泉。

 

 

当館の源泉はこの中の【白旗源泉】100%源泉かけ流しの湯。


 

記念碑によると
【白旗源泉】名前の由来は…

源頼朝が建久四年(1193)八月三日
浅間山麓で巻狩をせし時、たまたま此処に
涌き出ずる温泉を発見し入浴したと伝えられる

当時は「御座の湯」と称していたが
明治三十年に源氏の白旗に因んで
「白旗の湯」と改称された

と書かれています。

 

ん?源頼朝が発見したのなら

「江戸時代ではなく鎌倉時代なのでは?」と

つっこみたくなりますが、汗

 

頼朝により発見されたという文献等は無いようですが

【白旗源泉】は6主源泉の中でも最古の源泉で

数ある草津の宿の中で約10軒ほどしか引湯されていない

希少価値の高い源泉です。

 

その10軒ほどの中でも当館は唯一「自然流下の単独パイプ」の湯。

 

 

温泉が恋しくなるこの季節

草津散策で紅葉を愛でながら

当館の白旗源泉でゆっくりほっこりしませんか?

 

次回は白旗源泉の泉質について

お付き合いいただけたら幸いです。

 

 

当館おすすめのプランはこちら

    ↓↓↓

 

やじるしやじるし

 

草津温泉ポータルサイト

    ↓↓↓

1